OfresserのWarcraft日記(ほとんどarena)

World of Warcraftの日記 サーバはProud moore/Horde ギルド名はMattari PriestはOfresser、ShamanはHiru、DruidはYabuishaとArena中心に日記書きまw battle Tagはofresser#1541 Arenaやって怒らない人 申請求む リンクフリー!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
Arena Healerについて
ちと、少しずつ分かってきたしArena始めた人も増えてきたので、ヒーラー別で簡単にまとめてみた。


Priest

長所
・Mana burnで敵のManaをなくさせ、Mana勝ちできる
・シールドを含む、豊富なインスタンススキルのおかげで瞬間ヒール力がある
・Fearで敵をCCできる、Mind controlもCCで使える
・味方のDispelと敵のDispelができる。無敵も範囲Dispelで消せる。
・攻撃力がヒーラーの中ではダントツで高い。DOT、DD、PET、Dispel等
(Holy fire → Mind blast → Shadow word Deathのコンボは5秒で6000ダメ以上。PETを単体に当てると、棒立ちWarに11500ほど与えたのを確認)

短所
・布クラスなので柔らかい
・自己ヒールを全力ですると、Mana持ちの悪いHoly novaの連打が必要になるのでManaが切れやすい
・毒が消せない

俺が学んだ事
柔らかいとはいえ、実はInner FireというグリフをつけるとArmorを2500→7500まであげるSelfBuffがある。これは32発殴られるまで消えないので、Leather程度の硬さはある。攻守共に相当優れているのは間違いない。8秒間、ダメージを40%カットする「Pain Suppression」を使われた時にターゲットを変えるのを忘れずに。Effectはシールドバリアよりちょっと光ってるバリア。shadow fiendという変なPETを飛ばされたら、敵のManaは一気に回復するし、ダメージも高いのでなるべくCCでダメージを食らわないようにする。緊急回避スキルをすべて使わせて、強いバーストをすれば普通に倒せる。


Druid

長所
・回復力がNo1。2人に囲まれてもHotが最高に入っていれば、ほぼ死なない
・毒を解除できる、食らってるだけで敵にダメージを与えれる。
・Dispelで解除不可能なサイクロン(Trinketのみ可能)、MeleeにとってやっかいなRoot、熊にチェンジしてのスタン等、CCが豊富
・変身してスネアを解除できる、木の状態だと、Sapも羊も食らわない。
・ほとんどのHealがインスタンススキルなので動きながら回復ができる
・Mana回復のスキルがあるのでマナ持ちがいい

短所
・回復力は高いが、回復の初速が遅い。
・サイクロン中は、防御力がLeatherまで下がっているので柔らかい。
・精霊なので、WLKのバニッシュ(CC)を食らう
・緊急のヒールをすると、マナが一気に無くなる。

俺が学んだ事
Hotが大量にかかってる敵に対して、いくらバーストをやっても倒せない。1人にHOTが集中してると言う事は、他の人にHOTがかかっていないと言う事なので必ずターゲットを変える事。ヒールの初速が遅いので、ターゲットチェンジをする事によって容易に半分くらい減らせる。サイクロンをしてるDruを見たら、みんなで襲い掛かる事。びっくりするほど減るので、必ずやった方がいい。Berkskinという30%ダメカットを使ってるのを見たら、ターゲットを変える事。Effectは木の周りに根っこが回る。


Pal

長所
・ベーコンがある為、2人を同時に回復が出来る。
・無敵がある為、スタン中でも死ぬ寸前に一度やり直しができる。(修正:サイレンス中は使えない)
・味方に対するHop(物理攻撃無効)がある為、味方を一時的に救う事ができる。
・硬く盾持ちなので、物理ダメージをあまり食らわない。
・1分に一回のマナ回復、回復する事によってのマナバックによってマナ持ちが高い。
・味方の毒もマジックもディスペルできる。(敵のは出来ない)
・40秒に一回、6秒スタンができる。

短所
・インスタンススキルに乏しいので、止まってからじゃないとヒールが弱い。
・逃げながらヒールが出来ないので、CCに弱い。
・マナバックも、マナ回復もバフをつけて効果があるので、dispelされるとManaがきつくなる

俺が学んだ事
・自分に無敵→味方にHOPは出来るが、自分に無敵→自分にHOPは出来ない。味方を無敵に出来ない。ベーコンがあるのでダメージを分散させない方がいい。短期決戦の組み合わせでも、基本は無敵やHOPを使わせてから倒す戦略を立てる。dispelが使えるなら、とにかくDispelでPalを後手にさせる。バースト時にはスタン6秒が飛んでくるので、必ず覚悟をしておく。


SHM
長所
・HEXによるCC(蛙)
・Blood lustによるバースト
・TotemによるCC無効
・敵に対するdispel
・Mailなので少し硬い
・攻撃にも参加可能、Interruptスキルあり(成功すると2secサイレンス)

短所
・防御スキルが他ヒーラーと比べて劣る。
・マナ持ちが、他ヒーラーと比べて悪い。

俺が学んだ事
・ダントツでこのクラスに俺は詳しくない・・。Rateが上がった事によって強い人が増えてきた。これといった弱点がなく、Totemを殴る為に行動が制限されるので俺は以外と苦手。自分のチームにとって嫌なTotemを、できればヒーラーが殴らないといけない。Meleeの為に土トーテム(Earthなんちゃら)を殴り、長期戦の為にMana totemを殴り、Fearを使う為にTremor totemを殴り、デバフをつける為にClearn totemを殴るとか。Blood lustはDispelしたり、Mageは盗んだりできる。どんな短期決戦型のチームでも相手がBlood lust中は全力で耐えた方が良いと思う。

ついでに2v2で、俺(Pri)から見た、Dps+Healerチームに対する簡単な戦略

対Pri
・まず敵PriのFear Wardを消す為に、全力でDispelを敵PriにしてFearで飛ばす。敵Priが走ってきたらFearの合図なのでなるべく逃げる。DPSがバーストをかけたらDispelを合わせる。Shadow Petは敵PriがFearを使ったのを確認してから、なるべく当てる。MBでマナ勝ちするか、Dispellや攻撃に入り短期決戦にするかが、かなり迷いどころ。Rog/PriでさえMB連打してくるPriは結構多い。

対Dru
・味方に対してサイクロンが飛んだら、味方に対するRoot解除を念頭に置く。FearとMBで倒す事を考えて、バースト時にはDispel連打でHOTを消す。HOTがない敵に対して、DPSがバーストをしかけて、そのタイミングでDruをFearすると大チャンス。あと、MBした時に相手が熊か猫になって逃げるが、変身でManaを使わせたという事で満足する。

対PAL
・とにかくDispelでPalのBuffを消す。CD毎のFearを入れて、相手にバフのかけ直しと回復以外させない。反応ではなく予測で、無敵をなるべく1秒以内に解く。Fearをした時がこっちのターン、スタンをした時が向こうのターンと、攻守が順番で移動するので対応する。

対SHM
・Fearをする為にTremor Totemを壊す。実は未だにSHM対策が分からない・・ ただ、対策が分からないから勝てないか?と言われるとそうでもない感じ。相手のマナ持ちが悪いので、ひたすら耐えたり当たり前の事を当たり前に総合力で勝つしかない気がする。

まだまだ変わると思うけど、こんな感じ。いつか、今分かってる事をクラス別に書こうとしたけど、ヒーラーだけでこの量だと辛すぎるぜコンチクショー
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
オフさんが、記事で各Healerの特徴についてを詳しく書いています。 他のClassの人の視点から見た考察は勉強になりますねー ここは私も、専門だ...
2010/06/24(木) 03:54:36 | Gnomish Refrigerator
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。